30万円を月々1万円払いにした場合

30万円を月々1万円払いにした場合

30万円を借りなければならない事情がある場合、気になるのは金利ですよね。消費者金融などのホームページには実際の利息の価格が記載されていますが、あれは少ない回数で返済した場合のため注意しましょう。30万円を月々1万円払いにするとどうなるのか知っておいて下さい。

30万円を月々1万円払い

30回払いで純粋に考えると最低1万円の支払いが必要となりますが、実はこの金額に利息が含まれています。単純に1万円を30回払えば終了なわけではないのです。
利息の計算方法は30万円×1.18(18%の場合)×30=4438円となります。1ヶ月あたり4,000円前後が利息となります。たとえ1万円ずつ支払いをしても元金に当てられるのは一部のみなのを忘れてはいけません。

返済期間をできるだけ短くする

月々1万円を支払っても元金が6,000円程度だと考えるといつ支払いが終わるかもわかりません。30万円など高額な融資の場合は月々の支払額をギリギリまで増やし、毎月かかる金利を減らすのがコツです。期間が長くなれば長くなるほど全体の金利も大きくなりやすく注意しましょう。消費者金融の公式ページにも計算機能が付いているため調べることをおすすめします。

途中でまとめ払いがおすすめ

ある程度の支払い金額に余裕ができたらまとめ払いがおすすめです。通常の支払額とプラスして支払うことができます。すると利息が再計算され当初より安くなります。