30万円融資する際の金利の注意点

30万円融資する際の金利の注意点

何となく金融業者でお金を借りようと利用したら、実は思っていたより高い金利だったというトラブルが増えています。実は利用者側も認識が甘いのが原因で、勘違いにより生まれてしまった結果なのです。

最低金利は30万円では適用されない?

消費者金融などの広告には金利が記載されています。利用者は自分の都合の良いように考えがちで、一番低い金利で利用できると勘違いしてしまうことがあります。この金利は30万円など少ない融資では適用されず、100万円以上など高額な融資のみのことが多いのです。この基準は業者によっても異なり、利用できる金額ギリギリを借りても必ずしも最低金利になるとは限りません。

30万円なら最高金利と思うべし

例えば30万円の融資を受けようとするなら、その業者が提示する最高金利を考えるべきです。最低金利で比較するのではなく最高で調べておくと、どんな金額を利用しても安い利息の業者を比較できます。最低金利が低いと思っていたら、実は最高金利は高めに設定されていることもあるのです。

金利が低い業者のからくり

金利が低く提示している業者は高額融資を前提にしていることも多いようです。中には500万円借りられる所もあり、最高金額でなければ一番低い金利は適用できない仕組みです。実際そこまで借りる人は少なく、意外と見逃しやすいからくりなのです。